ページ設定

レイアウト|ページ設定またはCtrl+L (Mac:+L)からページ設定ダイアログを開きます。

page
ページ設定ダイアログでは以下の設定が行えます。

用紙のサイズ、向き、方向

用紙のサイズ(A3/A4/B4/B5/JIS B4/JIS B5/Custom)と向きを設定します。
Customを選択した場合は、カスタムサイズを指定します。
ページマージンは、スコアの描画エリアの外側のページマージンを設定します。

横書き、縦書きの設定

五線譜のように左から右へ音符を並べる横書きと、上から下へ音符を並べる縦書きのいずれかを選択します。縦書きの場合、テキストは縦に回転して表示されます。

ページ番号

ページ番号表示をするかどうかの指定とページ番号の開始番号を指定します。

ヘッダー領域

ヘッダー領域の幅では、ヘッダー領域の幅(横書きでは高さ、縦書きでは幅)をmm単位で指定します。下パッドは、段の領域との間隔をmm単位で、ヘッダー領域の外形を描画をチェックすると外形線の太さで線を描画します。

パートと段のサイズと制御

パートの高さ(または幅)では、パートの高さ(横書きの場合)または幅(縦書きの場合)をノートのフォントサイズに対する比率で設定します。段と段の間の距離はmm単位で指定します。最終ページの段をページ高さ(または幅)に合わせるをチェックすると、最終ページの段の間隔を広げてページ一杯に分散させます。
段の線を描画するをチェックしますと段と段との間に線を描画します。その結果、小節を矩形で囲った表示になります。


小節数/ページ幅(または高さ)

一定数/ページ幅(または高さ)をオンにすると、1段当たりの小節数を一定数に、また自動オンにすると自動的に決まります。
自動の場合は小節のスケール(比率)により、全ての小節の幅の伸縮比率を指定できます。
最終段をページ幅(または高さ)に合わせるをチェックすると、最終行をページ幅(横書きの場合)または高さ(縦書きの場合)一杯に広げます。

パート間整列

ノートの時刻で整列をチェックすると、パート間で同じ時刻のノート同士を位置を揃えて表示します。


複数ページを連結する(複数ページの出力形式)

複数ページの出力形式個別を選択してある場合、PDFおよびSVGファイルにエクスポートした時、複数ページが別々のページ(PDFの場合)またはファイル(SVGの場合)に出力され、連結を選択されている場合は、複数ページを連結して単一のページまたはファイルに出力されます。(PDFに変換した楽譜をタブレットなどでスクロール表示する場合には、複数のページを連結して一枚のページにしたほうが便利なことがあります。)

規定値に戻すすでシステムのデフォルト値が表示されます。
適用で設定値をスコアに適用します。
OKで設定値をスコアに適用し、ダイアログを閉じます。
キャンセルで、ダイアログを閉じます。(既に適用した設定は戻りません。戻したい場合は、編集|元に戻すを実行してください。)


ケーススタディ

ページ設定により次のようなスコアを作ることができます。
PageSettingsHaruVertical


このときのページ設定は以下のようです。
casestudy
説明:用紙を縦向きにし、スコアの方向を縦書きにしています。パートと段のサイズと制御では、段の線を描画するをチェックしています。これにより小節は矩形の線で囲まれます。また最終ページの段をページ高さ(または幅)に合わせるをチェックして、段がページ一杯に広がるようにしています。最終段がページ高さ一杯に広がるように、最終段をページ幅(または高さ)に合わせるをチェックしています。パート間整列ではノートの時刻で整列をチェックし、箏と尺八のノートが時間的に揃うようにしています。


‹ パート設定 |↑上位 | レイアウト編集 ›