黒川分校の桜

黒川分校は昔の小学校の跡。十何年か前まで、昔の木造の校舎が残っていて、懐かしさがこみ上げたものだが、残念ながらコミュニティセンター(?)に生まれ変わってしまった。それでも丘の上の校庭は雑木林に囲まれていて、昔ののどかな雰囲気が今でも残っている。毎年、桜の花が満開になると、ここに来てみたくなる。麻生川沿いの桜並木も見事だが、雑木林に混じったここの桜のほうが私の気に入っている。昔は、ここから雑木林の尾根の山道づたいに、4km近く離れた自宅まで歩けたが、付近の宅地造成が進んだため今では山道は少ししか残っていないのは惜しい。


満開の桜



お年寄りのお花見会+娘と孫



孫と



校庭の先の丘の上でお弁当を食べる

カテゴリー: 日々いろいろ タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください