宮田耕八朗監修の宮城道雄作品琴古譜47冊を復元しました

宮田耕八朗先生がお若い時にお書きになった宮城道雄作品の琴古譜面全47冊を復元しました。
琴古譜といっても、いわゆる「ゴマ点」方式の従来の記法ではなく、山川直春さんが考案された記法(仮に「山川譜」と呼ぶことにします)が用いられており、とても読みやすいと思います。また宮田先生監修の息継ぎ箇所やスラー表記もあり、大変参考になります。
以下は、「春の海」の例です。

春の海(クリックするとPDFファイルを開きます)

春の海(クリックすると表示用の横長のPDFファイルを開きます)


全47冊は、このページに掲載しています。ご自由にダウンロードしてご活用ください。

カテゴリー: 尺八, 音楽 タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください