小学校での邦楽授業(2月9日)

写真は地元の小学校での邦楽授業(2月9日)の一コマ。

箏の実習曲は「さくらさくら」(指導は佐藤眞理子)。その合間に尺八と篠笛の音が出せるか子供達がトライ。指孔の大きい尺八よりも、篠笛のほうが取っつきやすいようです。

笛の音が出せるかな?


実習後には、箏と尺八の演奏を観賞。曲は、「六段(抜粋)」、「春の海」、「せきれい」。「せきれい」には声楽科卒の音楽の先生も唄で参加。子供達の真剣なまなざしが印象的でした。実習で触った篠笛の曲も観賞曲に入れるべきでした。

カテゴリー: 邦楽イベント, 音楽 タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください