大山の麓で「鹿の遠音」の講習

星秦山さんの企画の勉強会で琴古流古典本曲「鹿の遠音」の講習をしました(2月12日)。持ち時間1時間ではほんのさわりの一部分しか紹介できませんでしたが、琴古流本曲のエッセンスを何とか伝えようと努めました。

講習の後は、豆腐懐石の料理をいただきました。大山は身近でありながら、初めて名物の大山豆腐の料理を食べました。マグロのとろの湯葉巻きや豆乳に浸した湯豆腐など豆腐料理の後に、猪鍋や牛肉の朴葉焼きなど、満喫しました。地酒もとてもおいしくいただきました。

小川家さんは5名から最大12名位で貸し切りで泊めていただけるとのこと。少人数の合宿などで利用するのも良いかもしれません。
参道豆腐坂小川家
鹿の遠音の講習

カテゴリー: 尺八, 邦楽イベント タグ:
大山の麓で「鹿の遠音」の講習” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "大山の麓で「鹿の遠音」の講習"
  1. […] 庭の雪 大山の山麓で「鹿の遠音」の講習 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください