A管周波数スペクトル比較 その2

N管乙ロ(3サンプル) メゾピアノ

N:乙ロ1

N:乙ロ2

N:乙ロ3


 
F管乙ロ(3サンプル) メゾピアノ

F:乙ロ1

F:乙ロ2

F:乙ロ3


 
比較:F管の方が高域が強く出ている。2k-8kHzの領域。ノイズ感が強い。

N管乙ロ(3サンプル) フォルテ

nro-f1

nro-f2

nro-f3


 
F管乙ロ(3サンプル) フォルテ

fro-f1

fro-f2

fro-f3



 
比較:フォルテではF管の高域が強く出る傾向が顕著。

N管乙チ(3サンプル)

n-chi1

n-chi2

n-chi3


 
F管乙チ(3サンプル)

f-chi1

f-chi2

f-chi3



 
比較:チは音色の差が特に大きい。F管は3倍音ハーモニクス(ツ中メリ)が鳴っていないのがスペクトルから読み取れる。確かにF管はツの中メリが乙、甲、大甲(四)のいずれも鳴りが不十分のようだ。

N管乙ロの3倍音(甲チ)

n-ro3h

n-ro3h2

n-roh3h3



F管乙ロの3倍音(甲チ)

f-ro3h1

f-ro3h2

f-ro3h3



 

比較:ロの3倍音(チ)をハーモニクスで鳴らした場合の比較では、F管のほうが鳴らしにくい。また、スペクトルで比較すると2倍と3倍の中間にF管ではスペクトルの山がある。

F管はロチリの3倍音ハーモニクスが比較的鳴りにくいようだ。N管は3倍音が偶然か意図してか分からないが良く鳴る。また、レの3倍音はハ(A5)だが、F管ではA#5(B♭)が鳴っており、これはA5より半音高い。N管では面白いことにレの3倍音が鳴らない(A5もA#5も鳴らない)。

カテゴリー: 尺八 タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください