キリマンジャロ登山写真

写真をクリックすると拡大表示されます。

アフリカ旅行は、ドバイでの乗り継ぎ便の欠航と乗り継ぎの不案内、さらにナイロビでは登山用具の入った新調のキャリーバッグがロスト。
多難なスタートとなる。

ドバイで乗り継ぎ便が欠航、翌日の便の搭乗券をやっと手に入れ一安心。同じ便に乗る日本人旅行者と。

ドバイで乗り継ぎ便が欠航、翌日の便の搭乗券をやっと手に入れ一安心。同じ便に乗る日本人旅行者と。

ナイロビからタンザニア国境へ向かう。ラクダも家畜の一種。

ナイロビからタンザニア国境へ向かう。ラクダも家畜の一種。

土産物屋。

土産物屋。



シャトルバスでタンザニアへ。国境にて。

シャトルバスでタンザニアへ。国境にて。

メルー山

メルー山

アルーシャの町。メルー山の麓で水が豊富。

アルーシャの町。メルー山の麓で水が豊富。

ロッジの前庭。明日から登山だ。

ロッジの前庭。明日から登山だ。

登山開始一本目。高岡M氏とサブガイド。頭の上の箱は卵。

登山開始一本目。高岡M氏とサブガイド。頭の上の箱は卵。

初日は樹林帯の中を行く。

初日は樹林帯の中を行く。

ポーター達。登山客一人に二人のポーターが付く。

ポーター達。登山客一人に二人のポーターが付く。

緩やかな登りが続く。高岡一家。

緩やかな登りが続く。高岡一家。

マンダラ小屋に無事到着。標高は2720m。

マンダラ小屋に無事到着。標高は2720m。

クレーターを散策。

クレーターを散策。

小屋での夕食。これはキュウリ入りスープ。

小屋での夕食。これはキュウリ入りスープ。

同行のコックとポーターが料理を作る。

同行のコックとポーターが料理を作る。

ヨーロッパやアメリカからの登山客が多い。

ヨーロッパやアメリカからの登山客が多い。

マンダラ小屋を出発。

マンダラ小屋を出発。

小さな渓谷を渡る。

小さな渓谷を渡る。

樹林帯を抜けると高山植物が多くなる。

樹林帯を抜けると高山植物が多くなる。

登り下りを繰り返しながら高度を徐々に上げていく。

登り下りを繰り返しながら高度を徐々に上げていく。

ホロンボ小屋に到着。富士山頂くらいの高度がある。

ホロンボ小屋に到着。富士山頂くらいの高度がある。

炊事の風景。

炊事の風景。

ついにキリマンジャロを望む。

ついにキリマンジャロを望む。

だんだん近づいてきた。息がやや苦しい。

だんだん近づいてきた。息がやや苦しい。

頂上下の平原。

頂上下の平原。

反対側の険しい山。

反対側の険しい山。

平坦な道を行く。

平坦な道を行く。

反対側の山。

反対側の山。

次の日の朝。3泊目の小屋の前で。前の日に小屋直前に気持ち悪くなり嘔吐。一晩苦しんで、ガイドと下の小屋へ下山。

次の日の朝。3泊目の小屋の前で。前の日に小屋直前に気持ち悪くなり嘔吐。一晩苦しんで、ガイドと下の小屋へ下山。

高岡一家は昨夜の遅く登頂アタック。これは頂上で。

高岡一家は昨夜の遅く登頂アタック。これは頂上で。

手前のピーク、ギルマンズポイント。5681m。

手前のピーク、ギルマンズポイント。5681m。

しばらく下ると気分が回復。尺八を取り出し「調子」を献奏。尺八演奏では標高(4500m)で世界記録か?

しばらく下ると気分が回復。尺八を取り出し「調子」を献奏。尺八演奏では標高(4500m)で世界記録か?

ホロンボ小屋で休んでいるとアタック隊が無事帰還。夜を徹しての登頂成功、おめでとう!

ホロンボ小屋で休んでいるとアタック隊が無事帰還。夜を徹しての登頂成功、おめでとう!

ドイツ人のグループ。

ドイツ人のグループ。

無事下山。登山ゲートで登頂証明書を発行してもらう。

無事下山。登山ゲートで登頂証明書を発行してもらう。

カテゴリー: 旅行と登山 タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*