斉木雄太君の「新世紀モンスター」展

斉木雄太君の「新世紀モンスター」展に行って来ました。たくさんの造型作品や絵が展示されていて、楽しい空間です。
今日は初日で、仲林光子先生、利恵さん親子による筝、笛、琵琶の生演奏をバックに雄太君が絵を描くという企画。キビタキの森、飛燕緑風の2曲に乗せて1枚の絵が描き上がりました。
3曲目の琵琶と笛による「壇ノ浦」は、鳥が優雅に飛ぶ様を表現した前の2曲とは打って変わり平家物語の戦記物。琵琶・笛の叫びや語りが雄太君の絵にどのように影響するのか興味のあるところでしたが、絵は既に完成したのか、本人はその場を離れてしまいました。
原宿ペーターズショップ&ギャラリーにて、7/25から8/6 まで。

演奏をバックに絵を創作


絵ができあがり!

カテゴリー: 邦楽イベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください